未来のための対策

お金と電卓

税理士に相談すると正確に試算できますが、銀行でも簡易に計算してくれます

相続税のシミュレーションは個人でもできますが、税理士に相談すると間違いありません。しかし、税理士は業として行っていますので、報酬を支払わなくてはなりません。その点ではサービスとしてシミュレーションしてくれるのは銀行です。 銀行は相続対策としての金融商品を販売する目的で相続税のシミュレーションを無料でしてくれます。 このシミュレーションで注意しなければならないことは、相続財産の金額の算定です。これが間違っていると相続税は違ってしまいます。また、相続は必ず発生するものの、いつ発生するか分からないので、シミュレーションはその時点でのものになります。実際に相続が発生した時点ではシミュレーションとは異なることもあります。

平成27年から相続税が増税になったので相続対策を必要とする人が急増しています

平成27年から相続税の基礎控除が削減されて事実上の増税が実施されました。その結果として、それまでは相続税には無関係であった人の中で相続税の心配をしなければならない人が増加しています。 シミュレーションをすることによって、相続対策をすることが可能になりますが、その一つが生命保険契約です。死亡保険金で相続税を賄えるのであれば、相続財産を守ることができます。 生命保険に加入できる年齢には制限がありますので、若い時に加入する必要があります。将来的な税制変更のことを過剰に意識すると生命保険に加入することを躊躇してしまいますが、高齢になってから加入しようとしても手遅れになることも少なくありません。相続対策には生命保険が有効ですので、健康で若い時に加入する人が増加しています。