設立と閉鎖

2人のサラリーマン

会社清算登記について

会社を設立する際の商業登記は非常に気持ちが高ぶるものです。これから事業を始めるにあたって会社を新しく作るわけですから、希望に燃えている人が多いのです。このような場合には前と有望ですが、会社を閉める際にも商業登記を行わなければなりません。これを会社清算の登記といいます。会社清算の時も、会社設立の商業登記と同様に法務局に届け出を行わなければなりません。会社設立の時も必要な書類を集める事に奔走した人が多いのですが、会社清算の時でも商業登記法に定められた書類を作成する必要があります。これらの業務については会社法の専門家である司法書士がになってくれますので、依頼してしまった方が手間暇がかからないので得策です。

司法書士への依頼について

司法書士に会社清算登記を依頼する場合には、商業登記に必要な費用がかかります。まず、会社清算に必要な印紙代を用意してください。具体的な印紙代については、依頼をする司法書士に尋ねるようにしてください。決して、自分で検討をつけないようにしてください。司法書士に逐一確認を行いながら進めたほうが、結果的にスムーズに会社清算登記を済ませることができます。司法書士を選ぶ場合には、会社法に接しているか、会社設立登記を主なメイン業務としているかを確認するようにしてください。司法書士にも専門分野や得意な分野がありますので、会社法や商業登記法に特化した司法書士を選んでください。まずは複数の司法書士に連絡をして両者を比較しいずれかに依頼をすると良いでしょう。